title
spacer   spacer
令和2年1月
 



 『新年の詞(ことのは)』

新たなる御年を、心より言祝(ことほぎ)ぎ致します。
明けましておめでとうございます。
あらたまの心、一点の曇りなく晴れ渡りますよう。
地球一の流域をなす、大アマゾン河の源流のごと、
もろもろの事象(コト)、その始まりは源泉にて端を発し、
湧水し流れ行き、あまた形成された渓流は、
やがて集合・合体して、大河を成す……
久遠の時を費消して、無為に拡散・分脈し、
あげく廃墟化した生命・宇宙(せかい)は、この終末の世に、
浄化・変革されて、一なる大河宇宙の統合へと向かう。
千万億年を不条理に生存し、変位・変質させてしまった、
生命生存の〈自己〉を浄化・脱皮して、
真の自身の《ミタマ》生命(イノチ)に、融合・合一するとき。
本年のお言葉を『新自己・統合』といたします。

             ヒシグ大神(オオクニヌシ系)
            キタルイン大神(スセリヒメ系)
         (アンデス山脈・アコンカグア山神界)
                    令和二年元旦
                 受記者 冨岡 眞光
 
           
今月の言葉
 
  2020年    
  <<< 1月 『新年の辞』
       
  2019年    
       
  2018年    
       
  2017年    
       
  2016年    
       
  2015年    
       
  2014年    
       
  2013年    
       
  2012年